Recent entries
2013/04/02 (Tue) これまでとこれから
2013/03/23 (Sat) WHO'LL BE THE NEXT
2013/03/17 (Sun) Stay hungry. Stay foolish.
2013/03/14 (Thu) 愚行録
2013/03/12 (Tue) 情熱たましい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メンドクセー本当に。これが最初で最後だからな。

PHPに関して起こったゴタゴタは普段なら100%スルーしております。
今回はスレで勝手に名前を出されたし、少し言いたい欲求も出てきたので思うままに書きます。
どこから手をつけていいものやらですが、レスではなく引っ掛かった部分を正していく感じでひとつ。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/40116/1298291726/l50/673

まず、現行の大喜利PHPについて。
これは赤い人が手掛けた大喜利のサイトであり、その権限はすべて赤い人にあるというのがMAの見解。
つまり、赤い人の私物と言ってもいいのかな。そこに赤い人が独自のルールを拵えるのは至極当然のこと。
一定の人数が集まる場所にルールが存在するのは理解出来るでしょ。じゃないと秩序が無くなってしまう。
赤い人が不適当だと思うことにひとつの判断を下すのは、何度も言うけど赤い人にそういう権限があるから。

つい最近、私は利用規約に違反しましたよね? これは完全なる私の非であり反省もしています。
禁止画像を削除されて不服に思ってるみたいなことをスレに書かれてますが、そういった感情はまるでありません。
そもそも今私が運営している「ひとりうっちゃり」はその件にはまったく起因しておりませんので。
自由に好き勝手ボケを出しているサイトですが、これを赤い人へのアンチテーゼと捉えているのだとしたらそれは単なる誤解です。

私は今後、利用規約を遵守した上でPHPを楽しませてもらおうと思っています。
赤い人に対しては多大なる感謝の気持ちしかありません。PHPに参加するという形でそれを表してるつもりですが。
赤い人は誰からも好かれてないみたいなことを強調していたようなので、ここで私もハッキリとさせておきたい。
好きですよ。MAは赤い人が好きです。少なくともアタクシの周りではそういう人間しか見たことないですし。
嫌いだの何だのと叩く人間は匿名掲示板の名無しレスしか見たことないので、ハナッから信頼度0%の激寒連中です。複数いるのかも疑わしい。

生大喜利も含めて大喜利をする場が増えてくると自然と人も分散するでしょう。人が減ったから嫌われているというのは曲解でしかない。
古参だって普通によく見かけるけどな。飽きたとかつまらないとか、リアルに事情を抱えて去る人間だって当然いるっていう見方が普通じゃないの。
強制されて参加してるわけじゃないし、好きな時間に自分のタイミングで参加してるってのは昔から変わってません。これは本来のコンセプトだったような。
新規の参加者が増えることって喜ばしいことじゃないの。古参が偉そうにふんぞり返る風潮なんて今までにあったっけな。そういう垣根ってないでしょ。

最近何かと取り沙汰されてるお題について。
私にはあまり「クソお題」という概念はなく、だいたい受け入れて楽しむことが出来てます。
無茶振りも大好きですし、縛りのないお題には嬉々としてボケていたものです。
これはひとつの意見として述べていますが、それを逆手に取って赤い人批判でしょ?ってのはただの妄想と都合の良い解釈。
ルールとして制定されたなら従うまで。この姿勢は崩さないですよ。別にお題云々でPHPを楽しんでるわけじゃないのでね。

現状のPHPに特に不満は抱いておりません。
誰かがスレに書いてたけど、嫌なら前のCGIに戻って遊んでればいいのにね。 http://m.kei-tai.org/select.cgi
一応、賛同者もいるようなんだしさ。最初は人少なくてもいずれ増えてくんじゃないの?僕らって言ってるぐらいなんだから。
そこそこの古参らしいし、正当性を主張するのであればやはり名前を出すべきでしょう。etcなんかじゃなくね。
「IPを抜かれるから」を盾にするのはどうかと。よしんば抜かれたとして、それをも厭わない覚悟でぶつかってきたらどうっすか。
てゆーか、ここまで大騒ぎしてまでPHPに執着する理由がよく分かりません。他サイトで楽しめてるんならそれでいいんじゃないのかな。

とりあえずこんな感じです。まとまりに欠けるけど言いたいことは頑張って吐き出してみました。
これだけの人数が集まってるんだから、何とか一つに束ねようって話のほうが無理あるよね。
前身が2chから派生したものなんだから、こういうことは日常的に起こっていくでしょ。スルー推奨は鉄の掟。
以上をもって終了いたします。今後、この件に関して議論は一切しません。もともと向こうは聞く耳持ってないでしょうから。
不毛な議論に成り下がるのは目に見えてるしね。これからも相手にはしませんし、ツイッターでも触れることも避けていきます。

うっすらとでも伝わったなら嬉しい。ありがとうございました。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 笑っただろう あの時 僕の後ろ側で, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。